体験談

【性同一性障害】一人称問題。どうしても「僕」と言えなかった私

こんにちは。MtF(元男子)のたちばなです。

私は昔、どうしても「僕」と言えませんでした。
小さい頃から「私」だったのです。

今回は、そんな私の一人称について書きたいと思います。

どうしても「僕」が言えない

小さい頃から、私は家で「私」と言っていました。
あるいは、自分の名前が一人称でした。

ですが、幼稚園に入ると、
男の子たちは「僕」と言いますし、
周りもそれを言うように促してきました。

ですが、私としてはどうしてもしっくり来なくて、
自分のことを「僕」とは絶対に言えませんでした。

小学校に上がってから

小学校に上がってからも、やはり状況は変わりませんでした。
むしろ、「私」と言うと、周りからはバカにされました。

そこで私は、学校では自分のことを「わし」と言ったり、
方言で自分のことを指す言葉で誤魔化して過ごしていました。

今思うと、すごく妙ですね(笑)
ですが、それが思いついた最善の策だったのです。

それでも、作文を書くときなどは、
「『ぼく』と書きなさい」
と先生に強要されて、
しっくり来ない、自分じゃないみたい、と思いながら使っていました。

中学以降

中学に入ると、便利な一人称が登場しました。

「うち」です。

けっこう女子はみんな使っていたんじゃないかな?と思います。
例にもれず、私も楽で使っていました。

誰にも批判されない一人称が、ようやく現れた…という感じでした。

思うこと

自分のことを指す一人称。
小さいことのようで、実は、自身の尊厳に関わる、重大なもののように感じます。

私は、ぜっっっっったいに「僕」などとは言わなかった。

ですので、「『僕』が『私』に変わった」などという表現で
MtFの性の移行を表現されると、なんだか妙だなあと思ってしまうのです。

もちろん、MtFでも僕と言える人も居るのかもしれませんが…
私は違いましたね。

とにかく、絶対に誰かに強要されるべきものじゃない。
そう感じます。

もっともっと、この認識は広まって欲しいと思います。

特に、教育の現場。

学校で先生から強要された事実は、
今でもしっかりとこの胸に刻み込まれています。

教員の方は、もっと寛容に、
いろんな人間が居るということを認識していただきたい。

そう強く思います。

それでは、ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です