性別もろもろ

【性同一性障害】就職・仕事はどうするべきか

こんにちは。MtF(元男子)のたちばなです。

性同一性障害の人にとって、就職・仕事というのは
なかなか問題になることも多いのではないでしょうか。

今回は、そんな問題と解決法について書きたいと思います。

就職する時

性同一性障害で、まだ就職していない方は、
就職活動中から準備しておくと良いでしょう。

意思をはっきりさせる

自分が希望の性別で就職したいという意思を、
就活時からはっきりさせる
ことが大事だと思います。

今の時代、人事が特別に対応してくれることも大いにありえます。

学校などでもそうです。
私は、大学入学後に大学側が性別について対応してくれました。
(↓詳しくはこちら)

性同一性障害(元男子)の私の生い立ちこんにちは。たちばなです。 今回は、私の性別にフォーカスして、生い立ちを書きたいと思います。 幼少期 私は、元気な男の...

治療を進める

精神科・ジェンダークリニックなどで治療を受けていない方は、診察に行く。
診断書が一枚あるだけでも、対応が全く変わってくるはずです。

また、ホルモン療法を始めると、見た目も変わってきます。
希望する性別に近い見た目になってくれば、周囲の対応も自然と変わってきます。

将来的に、性別適合手術を行えば、戸籍も変えられますし、
何の弊害もなくなりますので、治療は勧めていくべきでしょう。

(↓戸籍についてはこちら)

【性同一性障害】戸籍の性別の変更の仕方。要件・費用などこんにちは。MtF(元男子)たちばなです。 今回は、性同一性障害の戸籍の性別の変更について書きたいと思います。 要件 まず、戸...

転職する時

転職時に、希望する性別で勤務を始めるのも良いでしょう。
その場合、転職エージェントを利用するのも手だと思います。

エージェントに、「性同一性障害で、こちらの性別で就職したい」と
予め希望を伝えておくことで、
転職先と話を付けてくれて、スムーズに転職することが出来るでしょう。

今の時代、多くの企業が性同一性障害に対応してくれます。
また、転職エージェントも、親身に相談に乗ってくれるはずです。
(仕事ですので。)

まずは、相談することから始めてみましょう。

在宅ワークをする

人と接することに疲れたり、性別移行の上で障害が多い場合、
在宅で働くというのも良いと思います。

今は、インターネットで多くの仕事ができるようになりました。

自分の持っているスキルを売る事ができる
ココナラというサイトを使えば、気軽に開業をすることが出来ます。

ココナラは、500円から、自分の技術を出品することが出来るサービスです。

  • イラスト
  • デザイン制作
  • Web制作
  • 作曲
  • ライティング
  • 占い
  • 翻訳

などなど、自由に自分のスキルを出品することが出来ます。

電話サービスの出品も出来るので、それを利用した
占いや、相談受付のサービスも行うことが出来ます。

さいごに

性別を移行して、仕事をするというのは、なかなか体力がいることです。
ですが、それを乗り越えれば、未来は必ず良くなります。
それを信じて、頑張っていきましょう!

それでは、ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です